レーザー脱毛

レーザー脱毛について

脱毛 レーザー脱毛は最近では現代で最も広く知れ渡った脱毛法の一つです。元来、レーザーはアザやホクロなどを治療するために行われてきました。しかし 1997年から日本でレーザー脱毛が開始され、その脱毛法は一般的にも広く浸透していくまでになりました。

レーザー脱毛は脱毛したい部位にレーザーを照射する方法です。
そうすると毛根のメラニン色素にレーザーの熱が伝わり、毛根の毛母細胞を破壊します。
そして残された毛だけが抜け落ちるのです。
レーザーで毛根の細胞自体を壊してしまうので、後に毛が生えてこなくなります。
医療レーザー脱毛はカミソリや脱毛クリームと違って肌荒れの心配が少ないのが特徴です。それは毛根の部分にだけレーザーを照射しますので、肌への 刺激が少ないからです。
まだレーザーの照射範囲直径で1cmほど。両ワキの脱毛なら10分程度で終わりますので、早くて簡単に行えます。また間違った脱毛処理を行うと肌 トラブルにもつながり易いので、注意が必要です。

一般的な医療レーザー脱毛の期間は、脱毛の部位や毛の状態によって個人差がありますが、大体1年から1年半で脱毛は終了します。
更に毛抜きや毛抜きタイプの家庭用脱毛器と違い、医療用レーザー脱毛は感じる痛みが少ないです。差異はありますが、輪ゴムを軽く弾いた位の痛みだ そうです。ですが痛みの程度を知っておきたいという方には、ほとんどの病院でテスト脱毛を行えるので一度試してみるといいでしょう。

医療用レーザー脱毛は毛根の細胞自体を死滅させるので、毛がなくなり毛穴が次第に塞がっていきます。その為、毛穴が目立たなくなった分、肌がきめ 細やかになり、くすみやざらつき肌を改善してくれる効果があります。
ですが、レーザーは肌荒れを起こしていたり、日焼けしている肌への照射は出来ません。皮膚科などに通っている方が脱毛治療を行う場合は、必ず主治 医とご相談ください。

レーザー照射後の1週間ほどは、直射日光を避けて行動するようにしてください。
また脱毛当日の入浴も避けましょう。シャワーで洗い流すくらいですませて、翌日から入浴を行うようにしてください。

レーザー脱毛は繰り返し行うことで効果が発揮されます。
いくらスピーディな脱毛が可能だとはいえ、一度や二度の通院で完全なる脱毛が行えるわけではないので注意が必要です。
だいたい1年~1年半を目安にし、2年~3年のレーザー脱毛を行っている方の約90%が半年から一年以上の発毛抑制の効果が発揮されています。
こういった傾向からレーザー脱毛は近年、永久脱毛といっても差し支えないほどに進歩してきているのです。

Copyright(c) レーザー脱毛について All Rights Reserved.